スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まっすぐに伸びるためには、それなりに深さが必要(アスパラガス 5)
セルトレイに入れて発芽したアスパラガスですが、そもそもアスパラガスはまっすぐにのびる植物なので、、根っこもそれなりに深く、まっすぐに根っこがのびていくらしいです。

種を撒いたのが3月15日だったのでちょうど1カ月くらい経ち、セルトレイの中で背丈が15センチほどになりましたが、セルトレイの深さに耐えられず、倒れてしまっていました。

なので、こちらは枝豆に続き、「露地栽培」に切り替えました。

アスパラガス(5)

本来ならば、もっと根が深くなるので、そう簡単には倒れないのかも知れないです。でもそこは植物、倒れてもやっぱり上を目指して成長しようというのか、茎は倒れても先端は「クネッ」となって上向いてました!

★露地栽培に移したときのポイント
植える場所の土に『牛糞(ぎゅうふん)』を入れました。アスパラガスは酸性土壌を嫌うらしいので、用土を中和するためです。本当は植える前から中和しておく必要がありますが、とりあえず急ぎで作業を行いました(汗)

で、こんな感じに植えました。
アスパラガス(6)
スポンサーサイト

Comment - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。