スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このひょろっとしたの・・・もしや!?(アスパラガス 7)
フンフン~(^^♪

カール、こっちも水やりお願いだニャ。

わかったニャ。・・・・ん?こ、これは・・・もしや!?

ん?どうしたニャ?

ニャンまる!ここを見てみるニャ!

カールが水やりをしようとしていたところに、ひょろっと伸びた茎のようなものが出ていました。
よくよく見るとこれは、去年(2016年)セルトレイから地植えに移したアスパラガスのような形状をしています。

アスパラガス(10)

確かにここは、アスパラガスを植えたような記憶があるニャ。

去年、アスパラを植えてみましたが、すぐに枯れてしまって、「アスパラ育たないな~(-.-)」と思ってました。

アスパラガスの育て方をもう一度確認しておく必要があるニャ!

■アスパラガスの育て方の流れを簡単にいうとこんな感じです。

1.一年目はポットで育てる
2.秋になると茎が枯れるので切り取る
3.二年目の春に地植えに切り替える
 ※アスパラガスは10年ほど連続で収穫できるため、広めの面積を確保
 ※土は30センチから40センチくらいの深さにする
4.二年目も株を太らせるため、収穫せず、茎が枯れたら切り取って三年目を迎える
5.三年目から収穫

要するに、一年目のセルトレイから地植えに移した段階でそもそもの間違いだったみたいだニャ。

さらに、地植えに移すとすぐに枯れてしまったと思ってたけど、育て方の流れからいうとこれは仕方ないコトのようだニャ。

ということで、一年目に枯れてしまってもうあきらめていたアスパラガスですが、
奇跡的に地中で着実に育っていたのもあったようで、それがこの春、地上に芽を出したようです(^^♪

それならもっと株を植えていたほうがよかったかもニャ。

でも今年も収穫せずに見送りってことは変わりがないようです。
スポンサーサイト

Comment - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。