スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の花といえば・・・(チューリップ 1)
どうも!Botanical Lab.(ボタニカルラボ)のニャンまるです。

寒さもちょっとだけ和らいだ2月ですが、もう春の花の準備をしないといけない時期ですね。

我がBotanical Lab.(ボタニカルラボ)も冬を越した花とか、そうでないものもありますが、今年は春に向けて、去年(2016年)は手を付けていなかった種類の花にも挑戦していこうと思います。

で、やっぱり春の花というと桜を思い出しますが、桜を何本も植えるのはちょっと・・・という感じなので、庭に咲いている春の花の代名詞を植えることにしました。

それがこれです。

チューリップ(1)

チューリップだニャ!

チューリップの球根を植える時期としては、10月~11月初旬にかけてらしく、それを逃すとすでに花屋とかでは結構育ってしまった状態で売られることが多くなります。

でも、ご安心ください!

『芽出し球根』という、球根からちょっと芽がでたくらいの球根が販売されていて、その状態の球根を植えることで春に花を咲かせることができるようです。

というわけで、今回は芽出し球根を植えることにしました。

チューリップ(2)

一個98円という、想定していたより安い球根が手に入ってラッキー!

早く花が咲かないかニャ~!
スポンサーサイト

Comment - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。